HOME > 音読・古典・名作 > 国語読本(全四集) > 国語読本 第四集
営業日カレンダー



国語読本 第四集

国語読本 第四集
国語読本 第四集
漢字かな交じり文で読む、短編文学の名作撰の第四集。



漢字に読みがなをふっている箇所も多いので、お子様ひとりでも読みやすい構成です。
国語力を養う教科書のような感じの書籍です。
質の高い日本語文、そして心に語りかける内容は、本格的な文学に親しむ第一歩にも。


~目次~

『赤い蝋燭と人魚』(小川 未明)
北方の海の色は、青うございました。
或時、岩の上に、女の人魚が上がって、旗裏の景色を眺めながら休んでいました。・・・
 
『走れメロス』(太宰治)
メロスは村の牧人である。
笛を吹き、羊と遊んで暮らして来た。
けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。・・・
 
価格:1,430円
数量 
監修 国語力 才能開発研究会 編集
発行 株式会社登龍館
サイズ B5サイズ(縦257mm×横182mm)
頁数 各巻48~68ページ
仕様 ※各巻に2~3話を集録
※中はモノクロ
※ハードカバーではありません。
※実際の文章には適宜、漢字に読みがなをふっています。

国語読本 第四集の感想

※カスタマーレビューは他のお客様により書かれたものです。
ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
この商品のレビューはありません。