HOME > 学び > 親子教育叢書(全6巻) > 家庭教育二十一カ条(親子教育叢書第一集)
営業日カレンダー



家庭教育二十一カ条(親子教育叢書第一集)

家庭教育二十一カ条(親子教育叢書第一集)
家庭教育二十一カ条(親子教育叢書第一集)
日本教育者の師父、森信三先生の家庭教育学をひとつにまとめた「親子教育叢書」の第一集。



森信三先生が自信の永年の学問と実践に基づいて家庭教育の実践の着手点と手法を明確に教示し、かつ家庭における夫婦の心構えを説いた書。

母親自身が、「ウチのお父ちゃん、もっとしっかりして頂戴!!」と言ってるようでは・・・(途中省略)まるでわが子に「父親軽視」のタネまきをしているようなものです。・・・(途中省略)奥さん方が、まずご主人を立てることによって、家の中心が立ち、この母親の態度によって、言わず語らずのうちに子どもがこれを学ぶわけです。
(一部省略)
価格:550円
数量 
発行 不尽叢書刊行会
サイズ 縦180mm×横107mm
頁数 138ページ
仕様 編:寺田 一清(不尽叢書刊行会)
『わが子の人間教育は両親の責任!!-家庭教育二十一ヵ条-』
備考 ●森信三先生プロフィール
明治29年、愛知県生まれ。
小学校教師を経て、広島高等師範に入学。京都大学、京都大学大学院を経て、天王寺師範学校の教諭を13年務めた後、44歳で満州建国大学教授に就任。50歳にして異国の地で終戦を迎え帰国。神戸大学教育学部教授を経て、神戸海星女子学院大学教授を務めつつ執筆活動を行う。
『森信三全集』、『森信三著作集』など著書多数。
平成4年97歳で逝去。雅号は「不尽」

家庭教育二十一カ条(親子教育叢書第一集)の感想

※カスタマーレビューは他のお客様により書かれたものです。
ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
この商品のレビューはありません。